×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドキュメント電話占い

THE電話占い比較

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オーラ占い

最近テレビや雑誌などでオーラ占いと言う物を耳にします。これは人や物に宿る気をオーラと呼び視覚的に感じてその人の資質や体調、今の気持ちを探る占いです。

 

私はこれを見てもらった事があるのですが、自分も知らないでいた病気をあてられました。
その時の体調により、オーラの質や量も違うようで、色もあると言います。

 

これは霊感占いと混合してしまいがちですが、厳密的には違います。

霊感占いは言葉の通りに守護霊や神霊などを経由してその人のオーラを感じるたりする様な占いで、動物霊や、憑依霊も見たりしますし、能力のある占い師なら、除霊を出来たりもするそうです。

 

そして霊感を特殊な感覚で感じるそうで、ですから霊感占いは電話を解して行う電話占いなどでも可能になるわけです。対してオーラ占いはオーラを視覚的に見なければいけないので電話占いでは難しいのかもしれません。

 

これらを混同してしまいがちなのは、テレビや雑誌によく出ている著名な占い師さんが、両方使われるからではないでしょうか。
実際その占い師さんは両方を使い相談者の悩みを聞いている様です。人が不幸になりそうな事や傷つきそうな事は絶対に言わないし、私が個人的にはとても好きな占い師さんです。

占いに頼る人

近代では占いが流行っていますが、本来占いの様なものを頼る人は切羽詰っている人だと思います。

 

まず人間は問題が起きた時に自分で解決しようとします。そして解決出来ない時は身近にいる人や、何かしらの行動をとり解決しようとするはずです。
それでも解決出来ないので最後の神頼み的に占いに頼るのではないでしょうか。もし占いがなんでも解決できる万能ツール的な物ならば、皆が初めか使うはずですが、残念ながらそうではありません。

 

占いとは根拠も実態もない曖昧なものです。干ばつ地帯の雨乞いの儀式の様なものでしょうか、雨を降らすことなどに人間の力を及ぼす事は出来ません。

 

何も出来ないもどかしさもあり、なんの根拠もない儀式に頼ってしまうのではないでしょうか。

 

占いも同じような物で自らの手ではどうしようも無くなった時に藁にもすがる様な気持ちで利用するものだと思っています。

 

しかし最近では自分で考える事の出来ない人間も増えてきて、電話占いの様に自宅から気軽に利用出来るものも増えたので、自分でどうにかしようとする前に他人任せで占いなどを使い、その結果昨今の占いブームがある様にも感じます。

 

電話占いに満たされて

http://www.earlystartchild.com/

お悩み解決!電話占い

http://www.bar-le-napoleon.com/

電話占いのスタートライン

http://www.eleanorangel.com/

 

占いと心理学

占いとは何かしらの媒体やルールにしたがって、人の運勢や様々な事を知る行為だと思っています。星やカードの図柄、人間の特徴や生年月日など占いの手法によって様々な占い方をします。

 

そしてこれは何かに頼った様な占い方です。大自然の摂理や人の作り出した媒体や今までの統計などにも頼っています。(電話占いなどの霊感占いの占い師などは何にも頼っていないかもしれませんが)これらの事を考えるのならば、心理学なども占いに入るのではないでしょうか。

 

相談者のある程度の情報があれば、過去にどの様な事が起こり、どの様な行動をとったかなど、様々な情報を得ることが出来ますし、これから起こしうる行動や、恋愛の傾向など、占い師が占う内容を心理学で推測する事も出来るはずです。
ですが一般的にみると占いと心理学などは水と油な様な気がしますので、一括りにしたらお互い怒るでしょうか、しかし心理学の中に占いを取り入れたならば、心理学ではなくなってしまいますが、占い師の中では相手の反応によって色々推測して、心理学の様なものを使っている人もいるとは思います。

 

この様な人を占い師と言って良いかも分かりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 
 

ホーム RSS購読